能登ふるさと博の魅力

能登ふるさと博を100倍楽しんじゃおう!

魅力あふれるふるさと能登

2011年に世界農業遺産に認定された能登周辺ですが、認定される前からもその
魅力は十分認められていたように思います。

 

加賀百万石の昔から受け継がれた、輪島塗や友禅に代表される「伝統文化」の
魅力、棚田や塩田が醸しだす里山の原風景と伝統農法の魅力など、何も今に始
まったことではなでしょう?現代では失われつつある古き良き時代の日本文化
が脈々と受け継がれている能登の日常に、しばし心のよりどころを見つけるこ
とが出来るでしょう。

 

能登周辺の「飾り気のない自然」に心も体も癒されるから、多少遠くて、交通
の便が悪くても、そして気候が悪くても、人はやってくるのでしょう。

 

能登の雪景色や寒風も魅力ですが、やはりメインは夏でしょうか?
エナルギーが最高潮に達する「夏祭り」の頃が一番激しく、訪れる者もパワ
ーをもろに受けることになるでしょう。
はるばる能登を訪れるなら、やはりパワーみなぎる時期に合わせる方が楽しいと
思います。元気をしっかりいただいて、満足して帰宅できますよ。

 

世界農業遺産を有する能登半島の4市5町が会場となって、訪れる人も土地の
人同様にその魅力を体感できるイベントがあります。「能登ふるさと博」です。

 

2008年から始まったこのイベントも、今では能登の夏と冬を楽しみ、その土地
柄を味わえる催しとして、しっかり定着しています。今年の夏もまたキリコ祭
りの時期に開催されるでしょう。7月から10月までの100日余り、能登の魅力を
いろいろな角度から楽しむことが出来るでしょう。

 

「キリコ祭り」は能登の200ちかくある地区でそれぞれ独自に行われています
から、イベント開催中はいくつか違ったキリコを見ることも出来ますね。
またほぼ毎日開催される「輪島の朝市」を見学する事も楽しいでしょう。とり
たての海の幸をその場で焼いてもらって、食べる事もできますよ。

 

冬と違って道路が凍結することもありませんし、雪で動けなくなる事もありま
せんから、車を運転できる方は能登半島をドライブするのも楽しいと思います。
新幹線で金沢に着いたら、レンタカーで能登方面を目指すのも良いと思います。

 

岡山を紹介したサイト
森林を守る自然と共存するフォレストフォーピープル岡山
http://www.fs-takahashi.org/

 


ホーム RSS購読 サイトマップ